「やりたいこと」は行動だけじゃない

こんにちは、もしくは、こんばんは。


ハッピーライフ研究家のさんちゃんです。


前回「『やりたいこと』が見つからないのはなぜ?」について触れました。


今回は「『やりたいこと』の内容」についてお伝えしたいと思います。


「やりたいこと」と聞くと、多くの方が「何らかの行動に出て、何らかの成果を残すこと」を想定されます。


例えば…


「プロの絵描きになって、お金を儲けたい」


「小説家としてデビューしたい」


「声優になって好きなキャラクターの声を担当したい」


などです。


つまり、肩書が明確なもの(+仕事になるもの)を想定されるんですよね。


且つて、私もそうでした。


「何をしている人ですか?」と訊かれたら「歌い手です」と答え続けたかったのです。


ですが、歌い手として活動することが「楽しい」ばかりじゃなく、むしろ「辛い」と思うことが多くなった時、「私のやりたいことは本当に歌うことなのか?」と自問したのです。


もちろん、歌い続けたい気持ちはありました。


というか、「やりたいことは歌い手ではない」と認めるのが怖かったのです。


歌い手であることをやめたら、自分の「やりたいこと」がなくなりそうで…それより、「夢破れた人間になってしまう」という恐怖が強かったように思います。


ですが、恐怖より、私は「辛い」感情を抱き続けることの方が嫌でした。(当時から)


その後、段階はありましたが…



「やりたいことを行動ではなく、マインドに移行してみよう」



と考えるようになりました。


つまり、「何をやりたいか」ではなく「どういうマインドでいたいか」に重きを置くようにしたのです。



私という人間は「辛い」感情を抱いていたくない、常にハッピーでいたいと考えている。



常にハッピーでいられる為には、どうすればいいか。(「辛い」感情を排除するには、どうすればいいか)



「辛い」感情を抱くのは「やりたくないこと」「無理をすること」をやっている時だ。



だったら、「やりたくないこと」「無理をすること」をやらなければいい、「やりたいこと」だけやっていたらいい。



結果、「やりたいことだけをやる」ハッピーライフ研究家が誕生したのであります。



自分の「やりたいこと」をマインドに持ってきたら、途端に気持ちが軽くなりました。


だって、行動は私のハッピーライフを満たすツールなだけであって、「それがなくてはいけない」という存在ではないんですもの。


言わば、こんな感じです。



「私の『やりたいこと』は『死ぬまで毎日ハッピーライフ』、それを満たす一部として『歌』がある」と思うようになった訳でございます。


今も変わらず、私にとって「歌」は欠かせない存在ですが、「歌」がハッピーライフを脅かすようであれば、私は歌いません。


というより、「歌の仕事がしたくても、ハッピーライフを脅かすような歌の仕事はしない」と考えています。


現在、私は「何をしている人ですか?」と訊かれたら、一言で答えられません。


なぜなら、好奇心旺盛ゆえ、「やりたい!」と思ったら色んな仕事に手を出しているからです。


だって、私の知っている「仕事の仕方」なんて、ほんのちょびっとですよ!


「そんなことが『仕事』になるんだ!」と思うようなことがたくさんあって、一生かかっても知り尽くすことは出来ません。


そう考えるとワクワクしますし、どんどんいろんな「仕事」をやってみたいと思います。(もちろん、私の「やりたいこと」ありきで)



なので、もし・・・



「自分のやりたいことが見つからない」でお悩みの方がいらっしゃったら、「何をやりたいか」ではなく「どういう気持ちでいたいか」を考えてみて下さい。



ひょっとしたら、「やりたい行動」が見つかるかもしれません。




はー、今回は4コマと文章でお伝えしたいことを出し切ったので、音声UPはやめます。


いつかUPしている音声(「さんちゃんのはっぴっぴ」って言うんです(笑))で歌をあげてみたいなーとか思ったり。。


ふふふ…「やりたいことをやる」のが私の「やりたいこと」ですからね(笑)。



今回もお付き合い下さり、ありがとうございました!


ハッピーライフ研究家のさんちゃんでした!





参加してます。よかったら、ポチリとお願いします♪