見返り求めてイイコトないです



こんにちは、もしくは、こんばんは。



ハッピーライフ研究家のさんちゃんです。



本日のテーマは前回に引き続き「彼氏に対して『どうして分かってくれないの?』と思ったらPart2」です。



今回は「どうして分かってくれないの?」の前に、「こんなに愛してるのに!」が付随されます。



彼のことが好きだから、一所懸命尽くす彼女さんは多いですよね。



彼が好きな手料理を作ったり、彼が疲れてたらマッサージしてあげたり、彼がイライラしてたら気遣ってあげたり…



とても素敵なコトだと思うんです。



が、なぜか、その後ケンカに発展することが多い。



「こんなに尽くしてあげてるのに、何、その態度!?」

「私、一所懸命頑張ってるんだよ!なのに、どうして分かってくれないの!?」



的なね。



コレって「尽くしてあげた。だから、それに見合う見返りを下さい」って言ってるコトになるんです。



上の発言例で言うなら、



「尽くしたことを感謝してくれる彼氏の態度=見返り」

「尽くしたことに対する何らかの謝礼=見返り」

「『いつも頑張ってくれてるね』と彼に気付いてもらえた発言=見返り」

「頑張ってる自分に対する何らかのご褒美=見返り」



などですね。



そういった見返りがないから、キレる。



「好きな人の喜ぶ顔が見たい」という気持ちがあって、尽くしている人も多いでしょう。



ですが、それが期待通りの反応じゃなかったら(喜んでくれなかったら)、キレる。



「喜んでもらう」が見返りになっているからですよね。



そもそも、どうして見返りを求めちゃうんでしょうか?



彼のことが好きなんですよね?好きだから、一所懸命尽くすんですよね?



だったら、それで良くないですか?と私は思うんです。



どうして、好きな相手から見返りを求めるんですか?と私は思うんです。



あなたがどんな行動を取ろうと、それに対して相手がどう思うかは相手が決めるコトではありませんか?



好きな人に何かをしてあげたいと思う、コレは素敵なコトだと思います。



じゃあ、もう、後は相手がソレをどう捉えようと、「何かをしてあげたい」というあなたの望みは既に叶ってるはず。



なのに、そこに気付かずケンカに発展してしまう・・・



ひっじょーーーーーに、勿体ない!とさんちゃんは思うのであります。



というより、本当に相手のことが好きなのであれば、相手からの見返りなんて要らないと思うのであります。



見返りを欲する、というコトはですよ?



あなたが取った何らかの行動に見合う対価を支払えと彼に要求してる訳ですよね?



見返りがないならキレるのであれば、本当は彼に尽くしたいと思ってないんじゃないでしょうか?



だって、やりたいコトだけやっていたら、相手の反応なんてどーだって良いですもん。



例えば、ペットの猫ちゃんを甲斐甲斐しく世話してるのに、気ままな猫ちゃんがツーンとあなたを無視したとしても



あなたはキレませんよね?「こんなに世話してるのに!」って怒りませんよね?



「世話をしたくてしている。だから、向こうの反応なんてどうでもいい」って思いませんか?



何故それを彼氏に対しては出来ないんでしょう。



理由は「本当にやりたくてやっているコトではないから」だとさんちゃんは分析しています。



彼からの何らかの見返りありきで、尽くしてしまうと「こんなに頑張ってるのに!」とキレることになります。



だったら、もう、見返りなんて求めなきゃいいじゃないですか。



見返りがなくても平気!って思えるコトだけ、やってあげたらいいじゃないですか。



と、常々思っている次第です。



だから、さんちゃんは「やりたくないコトはやらない。やりたいコトだけやる」を推奨しています。



だって、キレたらハッピーライフが過ごせませんもの。



これは相手が彼氏じゃなくても言えると思います。



仕事でも何でも、やりたくないコトをやっていると「こんなに頑張ってるのに評価されない!」って思いかねません。



ほぅら、ハッピーライフから遠のく。



自分のやりたいコトが出来てるなら、相手がどんな反応しても気にならないし、見返りなんて要らないし、キレる必要もありません。



あと、ハッピーライフ研究家としての経験と統計データから言わせて頂くと…



「こんなに尽くしてるのに、分かってくれない!」と見返りを求めてしまうお相手は



あなたにとっての「運命の人」ではないと考察しています。



「運命の人」における定義は人によって様々ですが、少なくとも「見返りを求める間柄」ではないと私は思います。



だから、あなたが見返りを求めてしまう相手とお付き合いしているのであれば、その人は「運命の人」ではないとさんちゃんは断言致します。



(だからと言って、別れろと言ってる訳ではありませんが)



彼に良いようにしてあげたい。

彼からの見返りは求めない。



って思える相手が「運命の人」の条件の一つだと思います。



ただ、そんなあなたの気持ちにアグラをかく馬鹿ちんもいますので、そこは要注意です。



もし、本当に相手が「運命の人」ならば、相手もあなたと同じように



「君からの見返りは求めない」精神で、あなたに良いようにしてくれる人だと思います。



その判別をつける為にも、是非「やりたいコトだけをやる」ようにしてみて下さい。



無理はいかんです。アンハッピーライフになっちゃいます。



無理をせず!今日も素敵なハッピーライフをお過ごし下さいませ^^







参加してます。よかったら、ポチリとお願いします♪

Goo Moo labo

『ハッピーライフ研究家』さんちゃんのサイトです。