好きな人に食べさせたいモノ



こんにちは、もしくは、こんばんは。



ハッピーライフ研究家のさんちゃんです。




今回のテーマは前回の記事「運命の人」の続きです。(記事はコチラ




コスモさん(こんな人)と電話で話してて思ったんですけど、「運命の人」かどうかはさておき、ラブラブカップルの人達は皆さん、愛に溢れているように思います。



それは相手に対してはもちろんですけど、自分に対しても。



自分で自分をちゃんと認めて、自分を愛してらっしゃるんですよね。



ありのままの自分をよしとして、「これが私よ!」って見せて下さる。



分かりやすく言えば、自信があるんです。



逆に、「自分なんかダメだ…」と自分を認めていない方は恋愛問題で悩んでいる方が多いように思います。



これは見せかけの「自信」ではありません。



どんなにキレイで、どんなにスタイルが良くて、どんなに頭が良くて、どんなに社会的地位を持っていても



自分を認めていない人は多い。



そして、得てしてそういう人は他人(恋人)に依存してしまいがち。



なぜか。



自分で自分をヨシ!と認められないから、他人からの愛情(承認)を受け取って自分を満たそうとしちゃう。



もっと私を必要として

もっと私を愛して

もっと私を大切にして



てな具合に他人からの愛情をもらうことで、自分を保とうとするんですよね…



ですが、その愛情は長続きしない…すぐなくなってしまう…



なぜなら、どんなに愛情をもらっても、自分で自分をヨシ!としていないから、すぐ不安になっちゃうんですよ。



だから、何度も何度も「もっと私を愛してー!!」ってなるんだと思いますの。



自信が持てない、ゆえに、他人から愛されて自信をつけようとする。



その行為をコスモさんは



自分がマズイと思う食べものを好きな相手に食べさせようとしている



と例えたんですね。



自信のない自分を「愛して」と言うのは、好きな相手に「コレ美味しくないけど食べて」って料理を差し出しているのと同じだよ、と。



それってどう思いますかね??



好きな相手なんだもの、オイシイって思えるものを食べて頂きたいじゃないですか。



だーかーらーこそ!



自己肯定感を上げるコトが大切なんです!!(自己肯定感に関する記事はコチラ



どんな自分であれ、「これでヨーシ!」って認めるんですね。



コンプレックスもぜーんぶ含めて、「自分、最高!」って思うんです。



それが出来れば、好きな相手に「オイシイもの食・べ・て♡」って言えますよね。



自分を認める為に、美を追求しても、本質の部分で認めていなければ意味のないコト。



「ありの~ままの~~~」自分をヨシ!として頂きたいものです。。(「ありのまま」の自分で生きる記事はコチラ



そんな会話をコスモさんと繰り広げておりました。




話はめっちゃ逸れますが、その電話の最中、「昨日コスモさんが出てくる夢を見たよー」という話をしてたんです。



それがとっても幸せだったと。




コスモさんはとてもとても優しい方ですが、わっかりやすい「優しい人」ではないです。



あだ名が「毒まんじゅう」ですからね(笑)。(物腰は優しいのに、中身は毒々しいの意)



毒まんじゅうで超リアリストのコスモさん。



「ハッピーライフ研究家」の名付け親なだけに、いつも上手な例え話をして下さるんです。



私のハッピーライフ追求に、彼との会話が不可欠だなと改めて思った次第です。



コスモさんの「上手いこと言うなー」があれば、またこちらのブログで発信させて頂きます。



コスモさん、ありがとー♪





参加してます。よかったら、ポチリとお願いします♪

Goo Moo labo

『ハッピーライフ研究家』さんちゃんのサイトです。