好きな人に心を乱される理由


こんにちは、もしくは、こんばんは。



ハッピーライフ研究家のさんちゃんです。



今回のテーマは

「好きなモノの定義について」

でございます。



好きなモノを想像すると…ワクワクしますよね~♪



単純に、幸せな気持ちになりません?



好きなモノがたくさんあればある程、人生の楽しみが増えていくと思います。



で・す・が。



時に、好きなモノが自分を苦しませる存在になるコトがあります。



分かり易い例が、「彼氏」ですね。



大好き過ぎるが故に、


「彼が他の女性と話してるだけでイライラする…」

「自分を一番に思っていて欲しいから、束縛してしまう」

「浮気の心配をして携帯を盗み見した…」


といったケースです。



「あなたがいないと生きられない」心理とも言い換えられますね。



好きな存在のはずなのに、どーしてこうなってしまうのでしょうか?



今回はスパーン!と言っちゃいますが、



それは「好き」ではありません。



「執着」です。



「彼氏を束縛する」という方、是非他の「好きなモノ」を想像して下さい。



好きな友達、好きなファッション、好きな場所、好きな食べ物…



何でも結構です。



それらを想像すると、どういう気分になりますか?



「幸せ」ではありませんか?



本来、「好きなモノ」は対象が人であれ、物であれ、自分を幸せにしてくれる存在です。



それが「イライラ」や「不安」、「恐怖」になっている時点で



「好き」ではなく、

執着しているんです。



もちろん、好きなモノがなくなると、悲しい気持ちになるでしょう。



ですが、自分の人生をかき乱す存在にはなりません。



何度も言いますが、「好きなモノ」は幸せを運んでくれる存在です。



では、「執着」の正体は一体何なのか?



それは、



「自分の中にある隠された別の感情」



なんです。



「私だけを見て欲しい!」と思って、彼を束縛してしまう人の根本には



「孤独」や「無価値感」といったモノが隠れている可能性があるんです。



「孤独」がベースにあるから、孤独を満たす為に、「私だけを見て!」の感情が強くなる。



「無価値感」がベースにあるから、彼からの愛を実感するコトで、「自分は価値ある人間だ」と思える。



「執着」と違って、「好き」のベースには「好き」しかありません。



好きな食べ物を想像して、不安になったり恐怖を感じたりしませんよね?



純粋な「好き」という感情だけで構成されているからです。



「好きな存在に心が乱されてしまう」という人は、



「隠れている自分の感情は何か」を探してみて下さい。



「執着」に関する記事はコチラの記事にも書いてますので、



「隠れている感情探し」の参考にして頂けたら幸いです。



れっつ!死ぬまで毎日ハッピーライフ!





◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

<<無料メルマガ配信始めました>>


「理想のライフスタイル」を
ゲットする為の【キッカケ】
作りワーク


5回に渡って、ご自身の内面と向き合って頂くワークをご用意しました。

ご興味のある方は↓以下のフォーム↓よりお申込み下さい。


さんちゃんの無料メルマガ登録フォーム


※「goomoolabo@gmail.com」から送信されます。

 迷惑フォルダに入る可能性もありますので、お気を付け下さいまし。

※よりご自身と向き合いやすくする為に、お名前(ニックネーム可)もご記入下さい!

※単発ワークの配信、開始しました!

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆






LINE @始めました!

(LINE @の詳細はコチラからどうぞ!)

(※「@yph9316s」で検索して下さい♪)

Goo Moo labo

『ハッピーライフ研究家』さんちゃんのサイトです。